J1鳥栖、20億円超の赤字

社長「株主増資で債務超過回避」

©一般社団法人共同通信社

オンラインで取材に応じるJ1鳥栖の竹原稔社長=26日

 J1鳥栖は26日、2019年度(19年2月~20年1月)の決算を発表し、純損失が前期から14億円以上膨らんで20億1486万9千円となり、2期連続赤字となった。

 ただ、オンラインで取材に応じた竹原稔社長は、株主による増資で純資産は2151万1千円となり、債務超過を回避したことを強調した。

 大口スポンサーの撤退により広告収入が前年の4割以下の約8億円に落ち込み、チーム人件費約24億円が経営を圧迫。これを受け、ことし1月に組んだ20年度予算はチーム人件費を約11億6900万円まで削減したという。竹原社長は「存続に向けて全力の努力をする」と強調した。