中日・石川昂、もどかしい1年目

限られた練習時間を効率よく

©一般社団法人共同通信社

ノックを受ける中日・石川昂=ナゴヤ球場

 開幕1軍を目標に掲げる中日のドラフト1位ルーキー石川昂弥内野手が、思うように野球ができないもどかしい1年目を過ごしている。限られた練習時間を効率よく使うため「(ウオーミングアップなど)体を動かすのは寮でやり、すぐキャッチボールができる状態にしている」と26日の代表取材に答えた。

 班分けして練習するため1人の選手に与えられるのは1時間半。「思うようにできないところはある。慣れましたけど」と軽いノックやマシン打撃で終えた。

 大野奨太捕手はキャッチボールなどで体を動かした。「医療従事者の皆さんに感謝して、できるだけ外出しないことを考えている」と話した。