スペイン、5月に運動や散歩可能

26日に40日ぶり子ども外出可

©一般社団法人共同通信社

26日、外出が一部可能となったスペイン北部ビルバオで遊ぶ子ども(ロイター=共同)

 【パリ共同】スペインのサンチェス首相は25日、新型コロナウイルス対策の厳しい外出制限に関し、感染拡大の減速が続けば、5月2日から一部緩和し、運動や散歩が認められるようになると表明した。今月26日には約40日ぶりに子どもの外出が一部可能となった。

 26日の保健省の発表によると、感染による死者は2万3190人、感染確認者は20万7634人となった。25日までは抗体検査での陽性者も感染確認者に含めていたが、PCR検査とは同列に扱えないとして除いた。

 死者は前日の集計から288人の増加。1日の増加数は徐々に減少しており、公共放送によると、3月20日以来の水準。