【中国】1~3月の電力消費、6.5%減の1.6兆kWh[公益]

©株式会社NNA

中国国家エネルギー局が23日発表した1~3月の全国電力消費量は、前年同期比6.5%減の1兆5,698億キロワット時(kWh)だった。新型コロナウイルスの影響で電力消費の落ち込みが続いているものの、減少率は1~2月から1.3ポイント縮小した。

産業別では第1次産業が4.0%増の167億kWh、第2次産業が8.8%減の9,971億kWh(うち工業向けは8.7%減の9,794億kWh)、第3次産業が8.3%減の2,628億kWh。家庭向けは3.5%増の2,932億kWhだった。

全国発電設備の平均稼働時間は815時間と、前年同期を104時間下回った。同期に増えた新規発電所の発電容量は1,356万キロワット(kW)。インフラ投資は、発電所向けが596億元(約9,050億円)、送電網向けが365億元となった。

3月単月の全国電力消費量は、前年同月比4.2%減の5,493億kWh。うち第1次産業は4.0%増の52億kWh、第2次産業は3.1%減の3,750億kWh(うち工業向けは2.8%減の3,708億kWh)、第3次産業は19.8%減の702億kWhで、家庭向けは5.3%増の988億kWhだった。