SRO EスポーツGT開幕。シルバーストン戦はペッパーが優勝。ルクレール20位、バトンは30位

©株式会社サンズ

 GTワールドチャレンジやインターコンチネンタルGTチャレンジを運営するSROモータースポーツ・グループは4月26日、オンライン上でアセット・コルサ・コンペティツォーネを使ったeスポーツシリーズ『SRO EスポーツGT』第1戦シルバーストンを開催した。プロシリーズでは、ジョーダン・ペッパー(ベントレー・コンチネンタルGT3)が優勝を飾った。

 GTワールドチャレンジ・ヨーロッパやアジア、アメリカなど、SROが運営するGT3カーレースは多くが新型コロナウイルスの影響で延期を強いられているが、アセット・コルサ・コンペティツォーネを使った『SRO・Eスポーツ・チャンピオンシップ』を使い、全6戦のシリーズを開催する。

 その第1戦となったのはシルバーストン。リアルドライバーによって争われるプロクラスは47台ものエントリーを集めた。GTワールドチャレンジ・ヨーロッパに参戦するドライバーが中心だが、元F1ワールドチャンピオンで、2019年までスーパーGTに参戦していたジェンソン・バトン(マクラーレン720S GT3)、さらに直前になって現役F1ドライバーのシャルル・ルクレール(フェラーリ488 GT3)のワイルドカード参戦が決定していた。

 迎えたレースでは、予選でファブリツィオ・クレスターニ(マクラーレン720S GT3)がポールポジションを獲得。序盤からベン・バーニコート(マクラーレン720S GT3)との争いとなり、ペッパーがこれに続く。しかし2台は接触してしまい、クレスターニは15番手、バーニコートは10番手までドロップしてしまった。

 これでペッパーはリードを築くと優勝。バーニコートは2位まで追い上げたものの、優勝は逃してしまった。3位にはラファエル・マルチェッロ(メルセデスAMG GT3)が食い込んだ。

 バトンは序盤、トップ10圏内をうかがう走りをみせたものの、接触により30位という結果に。ルクレールはドライブスルーペナルティもあり、20位という結果となった。

SRO EスポーツGT第1戦シルバーストンのプロクラスを制したジョーダン・ペッパーのベントレー・コンチネンタルGT3
SRO EスポーツGT第1戦シルバーストンに挑んだジェンソン・バトンのマクラーレン720S GT3
SRO EスポーツGTに挑戦したシャルル・ルクレールのフェラーリ488 GT3