松井玲奈、夙川アトムが「行列の女神」で鈴木京香&黒島結菜のライバルに

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系で放送中のドラマBiz「行列の女神~らーめん才遊記~」(月曜午後10:00)に、NHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜午前8:00ほか)、テレビ東京ほかのドラマ24「浦安鉄筋家族」(金曜深夜0:12)に出演するなど、女優としての活躍もめざましい松井玲奈、数多くの話題作に出演する個性派俳優・夙川アトムがレギュラー出演することが分かった。

同ドラマは、久部緑郎氏・作、河合単氏・画のコミック「らーめん才遊記」を原作に、ラーメン業界をけん引する「清流企画」の社長・芹沢達美(鈴木京香)が、料理の才能には秀でているものの天然ボケで空気が読めない新入社員・汐見ゆとり(黒島結菜)と共に、苦境にあえぐラーメン店を救っていく物語。業界で働く人々の悲喜こもごも、人間ドラマを通して、ラーメン店だけでなくさまざまな飲食店にも通じるフード・コンサルティング、起業、経営のノウハウをも描いていく。

松井と夙川の登場は、5月4日放送の第3話からで、松井はゆとりのライバルとなる「清流企画」の商売がたき「味惑コーポレーション」の期待の若手フードコンサルタント・難波倫子を演じる。普段は猫をかぶっているが、裏ではかなりガラが悪い倫子とゆとりのバトルは必見だ。そして、夙川は倫子の上司であり「味惑コーポレーション」の社長・福花康男に扮する。

さらに、第3話に登場する「つけ麺あんざい」店主・安西徳之を窪塚俊介、その妻・絵里を林田岬優が演じる。また、第4話の“ラーメンドリーム”を目指す青年・相川鉄也役を堀井新太、その“ラーメンドリーム”へのキーパーソンとなる「さかな居酒屋ほんだ」店主・本多信和役を大友康平が務める。

松井は、今作への出演について「私自身、食べ物が出てくる作品が好きなので、ラーメンを扱うドラマと聞いて、出演できることがうれしく、現場でどんなふうにラーメンが出てくるのかワクワクしていました。ちなみに私は、バリカタの細麺豚骨ラーメンが好きです。(台本を読んで)食を扱い食べ歩く作品は今までたくさん触れてきましたが、フードコンサルタントとして、ラーメンを描くという設定がとても奥が深く、面白いなと思いました」とコメント。

そして「倫子は少しトリッキーなキャラクターとして登場します。彼女の中にあるスイッチのオン・オフを楽しく、時にコミカルに演じさせてもらいました。鈴木京香さん、黒島結菜さんとは初共演です。鈴木さんの役には、長いセリフや説得力の必要なセリフが多く出てくるのですが、言葉の一つ一つに重みがあり、窮地に立たされている時は息をのむほどでした。黒島さんとはガンを飛ばし合う場面も多かったのですが、ゆとりの真っすぐで自信満々のまなざしにとても刺激を受けていました。ゆとりVSライバルとして現れる倫子の対決を楽しんでいただきつつ、シンプルにラーメンおいしそう!とも思っていただきながらご覧ください!」と意欲満々の様子で、見どころ力強くを明かした。

また、倫子の上司を演じる夙川は「(出演オファーを受けたとき)題材がラーメンとあって舌舐めずりでした。うれしかったです。また、原作の芹沢さんと京香さんのギャップにとても面白味を感じました。結菜ちゃんのゆとりも楽しみでした。今回演じる『味惑コーポレーション』社長・福花康男は、気取った感じであまり何もしませんが、味覚と経営力は確かだと思います。清流企画への対抗心も。見終えてから食べるラーメンは、よりおいしく感じたり、好みが新しくなっていたりするかもしれません」とアピールしている。

4月27日放送・第2話では、「清流企画」の社員・夏川彩(高橋メアリージュン)の夢をかなえるためのコンサルティングと、ゆとりの家族の秘密が描かれる。