魚津の角川・布施川に稚アユ放流 呉東内水面漁協

©株式会社北日本新聞社

ホースを使って稚アユを放流する参加者

 呉東内水面漁業協同組合(寺口憲雄組合長)は27日、魚津市の角川と布施川に稚アユ計200キロを放流した。

 水産資源を増やそうと毎年実施している。稚魚は富山漁業協同組合が育て、体長約8センチ、重さ約9グラム。魚津市湯上の月見橋では、組合員がトラックのタンクからホースを使って放流した。県建設業協会魚津支部青年部会に所属する5社の従業員ら6人が、関わりの深い漁業への理解を深めるため、初めて参加した。

 5月中~下旬には、角川と片貝川、布施川に計800キロ余りを放流する。ともに徳島・和歌山産。

 漁解禁日は、釣りが6月16日、網漁が同21日。