広島の高橋樹「一日一日が大事」

佐々岡監督のノック受け

©一般社団法人共同通信社

佐々岡監督からノックを受ける広島・高橋樹=マツダ

 広島の5年目サウスポーの高橋樹也投手は27日、マツダスタジアムで精力的に体を動かした。佐々岡真司監督からノックを受け「こういう時しか監督からのノックは受けられないと思うのでしっかりやれた。一日一日が大事なのでしっかりやりたい」と表情を引き締めた。

 岩手・花巻東高から2016年にドラフト3位で入団。昨季は1軍での登板機会はなかったが、キャンプでアピールを続けた。オフから継続しているストレッチで、体の柔軟性も向上しているという。「もっともっと成長できるように頑張りたい」。飛躍に向けた鍛錬を着実に積んでいる。