三幸製菓、正社員80人を募集 “巣ごもり”続き、米菓需要急増

©株式会社新潟日報社

 三幸製菓(新潟市北区)は、新型コロナウイルス感染拡大による需要急増などを受け、正社員80人を募集する。「巣ごもり」が続き、自宅での米菓消費は伸びている。同社は「新型ウイルスの影響で経済の停滞が危惧される中、雇用を創出することで県内経済に寄与したい」とする。

 同社の従業員数は正社員約750人を含む約1200人。同社によると、外出自粛の影響で菓子の製造が伸び、2021年秋には新発田市で新工場稼働も予定。製造に携わる従業員の負担軽減など、働き方改革も課題になっている。

 募集するのは、各地の工場で主に機械オペレーターとして菓子製造に当たる人材。書類選考と面接があるが、感染対策としてウェブ面接にも対応する。定員80人に達するまで募集を続ける。学歴、経験は問わない。

 感染拡大による景気の落ち込みに伴い、県内の雇用環境悪化も懸念される。同社は「正社員のほか、パートやアルバイトなど多様な働き方に対応する」としている。問い合わせは三幸製菓グループ採用担当、025(255)7654。