神奈川もパチンコ6店公表

自粛要請応じず

©一般社団法人共同通信社

神奈川県の黒岩祐治知事

 神奈川県の黒岩祐治知事は28日、県庁で記者会見を開き、新型コロナウイルス特措法45条に基づき、営業自粛要請に応じない県内のパチンコ店6店舗の店名を公表した。「店内に多くの客が来て密集し、感染拡大の危険性がある」と述べた。

 これまで県のコールセンターには、パチンコ店が営業を続けているとの声が多く寄せられていた。県は特措法24条に基づき営業自粛要請を続けていたが、大型連休に際し、応じない一部店舗の公表に踏み切った。

 営業するパチンコ店の店名は、大阪府が24日に全国で初めて公表し、兵庫県も続いた。