マーク・キューバン、リーグ再開へ無観客試合を推奨

©楽天株式会社

新型コロナウイルスの感染拡大によりシーズンが中断しているNBAは、コミッショナーのアダム・シルバーが先日、少なくとも5月になるまで今後における決定を下すことはないと語るなど、事態を静観する状況が続いている。

現在は原則としてチーム施設の立ち入りを禁止しているが、自宅待機要請が緩和された地域に限り、5月8日(日本時間9日)以降は同施設を使っての個人練習を認めるとの報道も出ている。

そんななか、ダラス・マーベリックスのマーク・キューバンは、4月26日(日本時間27日)に出演した『CNN』にて今後の見通しについて語った。

「安全になったら、私たちは練習など試合のための準備に戻りたい。ただ今はまだその段階ではない。私たちが自信を持てる規約がいずれできる。そして絶対的に安全とならない限り、何かをすることはない」

続けてキューバンは、実行できるなら無観客でもリーグを再開するべきだと主張した。

「もし無観客でプレイできるとしたら、私はそれを推し進めていきたい。リーグもそうすると思う。私たちには、これを行う道徳的な義務がある。私たちはチームを応援したいし、興奮する試合に飢えている。無観客で試合が開催できる場合、それを行うことは間違いないだろう」

(C)2020 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.