【セリエA】ラツィオ会長、リーグ優勝決定に独自の見解「ユーベとプレーオフで決めたい」

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

ラツィオのクラウディオ・ロティート会長は、今シーズン優勝はユベントスとプレーオフで決めたいと語った。

【コロナウイルス】セリエA、来月18日から全体トレーニング再開へ!イタリア首相が発表「シーズン完結を目指す」

3月9日からイタリア国内にロックダウンが発令し、2019-20シーズンが中断となっているセリエAは、首位ユベントスと2位ラツィオが勝ち点差わずか1ポイントと肉薄している。イタリア政府が団体スポーツのトレーニング再開を5月18日から許可したものの、リーグ再開の時期は未だ決定していない。ロティート会長はシーズン再開後はスケジュールが慌しくなるため、フェアに決着するためにはプレーオフが好ましいと言及した。

【スーペル・コッパ】インザーギ監督率いるラツィオが快挙!ユーベを下し2年ぶり5度目の優勝!

「初戦のユーベ戦で3-1と勝利し、スーペルコッパでも3-1で勝った。公平に考えれば、私たちより8ポイント少ないインテルや14ポイント少ないアタランタのようなチームが参加すべきか教えて欲しい。プレーオフとなったら私は受け入れるよ。こちらから提起はしないけどね。リスタートとなれば私たちは不利な立場になる。だから私たちはヨーロッパリーグを犠牲にしてリーグに集中する選択をしたんだ」。

ラツィオ会長がユーベとのプレーオフを希望