コロナ危機後の働き方改革?!

ドイツ人の3分の1が在宅勤務の継続を希望

©ドイツニュースダイジェスト

Web.deおよびGMXの調査によると、ドイツ国内のおよそ3人に1人の会社員(29%)が、コロナ危機が過ぎ去った後も在宅勤務を希望していることが明らかになった。

調査対象者のうち64%は、コロナ禍によって接触制限等が継続する場合、デジタル通信を駆使してリモートワークを続けたいと考えている。マンハイムで行われているある調査によると、現在リモートワークを行なっているのは約25%。

また、学位保有者の44%は在宅での勤務が可能なのに対し、基幹学校、実科学校卒の人は10~15%しかいないという。