広島、監督と選手ら病院訪問

「元気を与えられたら」

©一般社団法人共同通信社

広島市の舟入市民病院を訪問し、病棟に向かって手を振る広島の(左2人目から)佐々岡監督、大瀬良ら=28日午後

 プロ野球の広島は28日、新型コロナウイルスと闘う全ての人を支援するため、佐々岡真司監督と3選手が広島市にある感染症指定医療機関、舟入市民病院を訪問した。同監督は「元気、勇気を与えることしかできない。みなさんに元気を与えられたらいいなという気持ちで来た」と話した。

 大瀬良大地投手、薮田和樹投手、森下暢仁投手が監督とともにユニホーム姿で訪問。拍手と歓声で出迎えられた。建物に入ることは控え、駐車場から病棟の医療従事者や患者に約10分間、手を振った。

 球団は「あなたの勇気ある献身に感謝します」としたためたユニホームに、選手のサインとメッセージを添えて寄贈した。