岡山市で1人が再陽性

60代患者

©一般社団法人共同通信社

 岡山市は29日、新型コロナウイルス感染後に陰性と判明し、退院した60代の患者1人が再び陽性になったと発表した。

 市によると、患者は感染により市内の病院に入院中、2回のPCR検査でいずれも陰性となり、25日に退院した。28日に発熱の症状があり、帰国者・接触者外来を受診。検査の結果、再び陽性と判明した。退院後は自宅待機していたという。