バルサ、ユーベ間でアルトゥールとピアニッチをトレード?障害は…

©フットボール・トライブ株式会社

ミラレム・ピアニッチ(左)とアルトゥール(右)写真提供: Gettyimages

バルセロナとユベントスの間で、ブラジル代表MFアルトゥールとボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピアニッチのトレードが実現する可能性があるようだ。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

かねてから噂されてきたユベントスの、アルトゥールへの関心。バルセロナはユベントスに対し、選手個人と交渉することを許可したと報じられていた。

その動きに進展があったようだ。報道によると、バルセロナとユベントスはアルトゥールとピアニッチのトレードに向け準備しているという。ただ、イタリア紙『トゥット・スポルト』はこのトレードの実現には2つの障害が立ちはだかると主張している。

1つ目の障害は、アルトゥールにバルセロナを離れる意思がないという点。もう1つは、アルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデスを交渉材料に含めたパリ・サンジェルマンからのアルトゥールへの関心だ。

果たして、バルセロナとユベントス間での大きなトレードは実現するのだろうか。