看護師不足、一般医療にも影響

協会会長、危機感訴え

©一般社団法人共同通信社

 日本看護協会の福井トシ子会長は、29日までに共同通信のインタビューにオンラインで応じ、新型コロナウイルスの感染拡大により、各地の医療機関で看護職の不足が深刻化し、一般医療にも影響が出ていると明らかにした。仕事の負担が急増している上、資材不足で感染する不安が拭えず、さらに医療従事者への理不尽な差別から離職する動きも出ているとして危機感を訴えた。

 福井氏によると、医療現場での資材不足は深刻で、防護服をごみ袋で、フェースシールドをクリアファイルで作ったりしている。「感染防護が必要なのに、ない状態。かなりのストレスがかかっている」と述べた。