阪神の原口、攻守で進化狙う

捕手での出場数増加へ

©一般社団法人共同通信社

打撃練習をする阪神・原口=甲子園(球団提供)

 阪神の原口文仁捕手が29日、オンラインで取材に応じ、開幕が延期となったことで生まれた時間を生かし、攻守両面でのレベルアップを期した。甲子園球場での自主練習では打撃で強く振ること、守備では捕球技術の向上などを課題に取り組み「技術を磨ける時間。プラスに捉えてやっていきたい」と意欲的だった。

 大腸がんから復帰した昨季は主に代打として活躍したが、今季は捕手での出場機会の増加を狙っている。チームの活動休止期間中は、リーグ優勝を飾った2003年の映像を見たといい「大観衆の中でやれることが、改めてすごいことだと思った。早く野球がやりたくなった」と開幕を待ち望んだ。