ユーベ、サッリボールの申し子獲得を諦めず…ピアニッチの後釜に…

©フットボール・トライブ株式会社

ジョルジーニョ 写真提供: Gettyimages

ユベントスはチェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョの獲得を諦めていないようだ。30日、イタリア紙『カルチョメルカート』が報じている。

ユベントスはボスニアヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピアニッチの放出が噂されており、後釜にはバルセロナのブラジル代表MFアルトゥールやジョルジーニョの名前が挙がっている。

そんな中、ジョルジーニョの代理人がユベントスとのコンタクトを否定するなど、ジョルジーニョとユベントス間の交渉は難航しているようだ。

しかし、ジョルジーニョは英紙『FourFourTwo』の取材に対してチェルシーでの苦境について語っている。

ジョルジーニョ

「昨年、ファンは私のことをからかったんだ。サッリ以外の監督と仕事をすることになったからね。

これまで不当な非難を多く聞いてきたよ。けれど私は彼らに対して一度も異議を唱えなかったんだ。心の中では彼らが間違っていることを知っていたからね。

だから私は黙々とプレーしたんだ。彼らの間違えを証明するためにね。けれどそれは簡単なことではなかった。チェルシーを去りたかったよ。」

一部報道ではチェルシーとの契約延長も噂されるジョルジーニョ。はたしてマウリツィオ・サッリ監督は愛弟子を獲得し、サッリフットボールを具現化することができるのだろうか。