米の失業保険申請、383万件

新型コロナで高止まり

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】米労働省が30日発表した25日までの週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比60万3千件減の383万9千件となった。4週連続で減少したが記録的な高水準が続いた。新型コロナウイルスの感染拡大を抑える外出制限や店舗営業停止が響いている。

 申請件数はこの6週間で累計3千万件を超えた。失業保険申請件数は雇用の先行指標として知られ、5月上旬に発表される雇用統計は大幅に悪化するとみられる。

 給付を受け続けている失業保険受給者総数は18日までの週で、217万4千件増の1799万2千件となった。