平戸市 国の特別給付金など補正予算は専決処分

©株式会社長崎新聞社

 平戸市は4月30日、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う、国の特別定額給付金などの事業費31億3676万円を盛り込んだ一般会計補正予算を専決処分した。また、同市が独自に行う経済施策費を盛り込んだ総額2億3220万円の本年度一般会計補正予算案を発表。1日に開く市議会臨時会に提出する。2件の補正後の一般会計予算総額は297億8615万円。
 同市は3~5月のうちの任意の1カ月で、売り上げが前年同月に比べ20%以上減少した事業者を独自に支援。製造業者などは最大30万円、交通事業者、宿泊事業者は最大300万円を給付する。
 同市は5月中に予定していた津吉茶市(29~31日)、中津良川ホタルまつり(30日)など観光関連事業を中止すると発表した。