Caravan、Ms.OOJA、J-WAVEで無観客ライブ中継!

©株式会社J-WAVE

J-WAVE(81.3FM)では、新型コロナウイルスの影響で多くのライブイベントが中止となる中、「大好きな音楽を、アーティストを、ライブハウスを応援したい」そのような想いから、「#音楽を止めるな」プロジェクトを4月1日よりスタートいたしました。

JR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」駅前にて、JR東日本が開催するイベント「Takanawa Gateway Fest」(※開催延期中)内にオープンするJ-WAVEがプロデュースするエンターテインメントレストラン「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からオープンを見送っています。

J-WAVEでは「#音楽を止めるな」プロジェクトの一環として、4月1日より「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」がオープンするまでの期間、『YEBISU BEER BEGINNINGS~LIVE FROM TAKANAWA GATEWAY』(月~金 12:30~13:00放送)内で、この場所からさまざまなアーティストの無観客ライブを中継でお届けしています。

この度、5月7日(木)にCaravan、5月8日(金)にMs.OOJAの出演が決定いたしました。(※5月4日、5日、6日は祝日または振替休日のため番組休止となります。)以降の出演者は別途お知らせいたします。

【番組概要】
放送局:J-WAVE(81.3FM)
番組名:YEBISU BEER BEGINNINGS~LIVE FROM TAKANAWA GATEWAY
放送日時:月~金 12:30~13:00
ナビゲーター:レイチェル・チャン(月・火)、シシド・カフカ(水・木)、J-WAVEナビゲーター(金)
番組HP:https://www.j-wave.co.jp/original/beginnings/

【プロジェクト概要】
放送局:J-WAVE(81.3FM)
タイトル:#音楽を止めるな
特設ページ:https://www.j-wave.co.jp/topics/2004_ongaku.htm

<プロジェクトの趣旨>

この春、新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い、音楽ライブをはじめ、多くのイベントが中止となりました。音楽放送局であるJ-WAVEも例外ではなく、両国国技館で開催を予定していた「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE 2020 SPECIAL」(3/7、8)、深夜のロックプログラム『THE KINGS PLACE』番組発のライブイベント「J-WAVE THE KINGS PLACE LIVE Vol.19」(3/29)、J-WAVEの看板番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』番組発のライブイベント「J-WAVE TOKIO HOT 100 FESTIVAL」(3/30)など、多くのイベントが中止または延期となりました。

このような状況から、J-WAVEでは3月20日に9時間にわたる特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL TOKYO GUITAR JAMBOREE 2020 ~ROPPONGI BASHO』を急きょ編成。イベントに出演予定だったアーティストが集結し、イベントさながらのギター弾き語りをオンエアでお届けしたところ、Twitterでは #ギター813 がトレンド入りするなど、多くの反響をいただきました。

一方、J-WAVEの音楽プログラム『SONAR MUSIC』(月~木 21:00~23:55放送)では、「楽曲が持つパワーやアーティストが発信するポジティブな言葉でリスナーに元気や勇気を届けたい」という想いから、「#音楽を止めるな」企画を実施しました。

J-WAVEは、オリンピックが延期になるなど、出口が見えないこのような時だからこそ、「大好きな音楽を、アーティストを、ライブハウスを応援したい」という想いで、J-WAVE「#音楽を止めるな」プロジェクトをスタートいたします。「#音楽を止めるな」は、J-WAVEの気持ちそのものです。音楽産業が危機的状況にある今、J-WAVEに出来ることを、アツい気持ちそのままに、リスナーへ届けます。