米スポーツ、損失は最低1兆円

NBA打ち切り、大リーグは半分

©一般社団法人共同通信社

開幕予定日だった3月25日、人けのないエンゼルススタジアム=アナハイム(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】新型コロナウイルスの感染拡大により米国のスポーツ界が被る損失が、最低でも118億ドル(約1兆2626億円)に上ると5月1日、スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。損失の内訳はプロが55億ドル、大学が39億ドル、青少年のスポーツなどが24億ドルとなっている。

 中断しているプロバスケットボールNBAと北米プロアイスホッケーNHLのレギュラーシーズンが打ち切りとなり、大リーグとサッカーMLSが予定の半分しか日程を消化できない前提で試算された。今秋に開幕を控えるプロフットボールNFLの公式戦が行われなかった場合、損失は大きく膨らむという。