9月入学制「学校行事実施の解決策にもなる」 文科相、検討示唆

©株式会社河北新報社

 萩生田光一文部科学相は1日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大に伴って急浮上した9月入学制に関し、学習時間の確保に加え、運動会や修学旅行など学校行事の実施に向けた解決策にもなるとして検討する意向を示した。

 休校が長期化する中、萩生田氏は「(文科省が定めた)標準の学習時間を超えただけで子どもたちの学習が終わったと判断していいのか悩んでいる」と現状を説明。中止や延期に追い込まれた学校行事の状況も考慮しながら、9月入学・始業の可能性を探るという。

 「社会全体の問題として広く国民が認識を共有できれば一つの大きな選択肢」と重ねて強調し、「新型コロナの今後の状況を十分に見定めて考える」と述べた。