チェブラーシカの版権「返して」

ロシアが無効主張、日本側と対立

©一般社団法人共同通信社

モスクワの歩行者天国でチェブラーシカのオブジェに触れる子ども=2017年9月(タス=共同)

 【モスクワ共同】ロシアで生まれた国民的人気キャラクター「チェブラーシカ」を巡り、旧ソ連時代から続くロシア国営アニメ制作会社「ソユーズムリトフィルム」が、日本企業が保有する著作権の返還を求めている。政府レベルの支援も仰ぐ考えだ。

 ロシア側は4月下旬に「チェブラーシカの著作権は16年前に旧幹部が日本側に渡したが、契約期限や条件を巡り双方に深刻な意見の相違がある」と契約は無効と主張。

 日本側のチェブラーシカ・プロジェクト有限責任事業組合は「独占的ライセンスを受けている」と説明。ソユーズムリトフィルムとの独占的ライセンス契約も24年まで有効と主張する。