韓国、金正恩氏の手術報道否定

大統領府高官が記者団に

©一般社団法人共同通信社

 【ソウル共同】韓国大統領府高官は3日、重体説が出ていた北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の動静が伝えられた後も、金氏が心血管系の手術を受けた可能性があると一部メディアが報じたことについて「(政府として)手術は受けていないと判断している」と否定した。

 大統領府高官は記者団の取材に応じ、金氏は軽微なものも含めて手術を受けてはいないと強調。こうした判断には「根拠がある」とも述べたが、それが何かは明らかにしなかった。

 北朝鮮国営メディアは2日、金氏の公開活動を20日ぶりに伝えた。その後、米拠点の北朝鮮専門サイトは、手術を受けた可能性が否定できないと報じた。