MotoGPバーチャルレース:第3戦は5月3日開催。3クラスの出場者も決定

©株式会社サンズ

 ドルナスポーツは5月3日(日)の日本時間22時から『MotoGP Virtual Race(MotoGPバーチャルレース)』の第3戦スペインGPをMotoGPオフィシャルウェブサイトのmotogp.comで開催。MotoGPクラスは11名、Moto2クラスとMoto3クラスは各10名がエントリーする。

 世界規模で新型コロナウイルスの感染が拡大していることが影響し、シーズンがストップしているロードレース世界選手権。シーズン再開までファンを楽しませようとMotoGPバーチャルレースが開催されている。

 第3戦の舞台はスペインGPの開催地、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトであり、当初ロードレース世界選手権の開催が予定されていた5月3日に開催。第2戦まではMotoGPクラスのみ行われたが、今大会はMoto2クラス、Moto3クラスを含む3クラスのライダーが参加する。

 決勝レースの周回数は、MotoGPクラスは実際のレース距離の50%に相当する13ラップ。Moto2とMoto3クラスは35%の8ラップとなる。また、前回まではMotoGPオフィシャルテレビゲーム『MotoGP19』が使用されたが、第3戦から2020年版の『MotoGP20』でレースが行われる。

 第3戦スペインGPにエントリーしているライダーは以下の通りだ。

2020MotoGPバーチャルレース第3戦スペインGP MotoGPクラス出場ライダー

■MotoGPクラス
マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)
アレックス・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)
ダニロ・ペトルッチ(ドゥカティ・チーム)
マーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)
アレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)
ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)
フランセスコ・バニャイア(プラマック・レーシング)
ティト・ラバット(レアーレ・アビンティア・レーシング)
ミゲール・オリベイラ(レッドブルKTMテック3)
イケル・レクオーナ(レッドブルKTMテック3)
ロレンツォ・サバドーリ(アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ)

2020MotoGPバーチャルレース第3戦スペインGP Moto2クラス出場ライダー

■Moto2クラス
ホルヘ・マルティン(Red Bull KTM Ajo)
ロレンソ・バルダッサーリ(Flexbox HP 40)
エネア・バスティアニーニ(Italtrans Racing Team)
マルコス・ラミレス(American Racing)
ホルヘ・ナバーロ(Beta Tools Speed Up)
マルセル・シュロッター(Liqui Moly Intact GP)
アロン・カネト(Aspar Team)
ジェイク・ディクソン(Petronas Sprinta Racing)
ボ・ベンスナイダー(NTS RW Racing GP)
ルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)

2020MotoGPバーチャルレース第3戦スペインGP Moto3クラス出場ライダー

■Moto3クラス
アルベルト・アレナス(Aspar Team Gaviota)
デニス・フォッジア(Leopard Racing)
ニッコロ・アントネッリ(SIC58 Squadra Corse)
ガブリエル・ロドリゴ(Kömmerling Gresini Moto3)
トニー・アルボリーノ(Rivacold Snipers Team)
ラウル・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)
セルジオ・ガルシア(Estrella Galicia 0,0)
デニス・オンジュ(Red Bull KTM Tech 3)
アロンソ・ロペス(Sterilgarda Max Racing Team)
リカルド・ロッシ(BOE Skull Rider Facile Energy)

 このレースはmotogp.comesport.motogp.com、MotoGPとMotoGP EスポーツのYouTubeチャンネルTwitterInstagramFacebookといったSNSで配信される。

 配信終了後にもオンデマンドによるフルレースとハイライトをmotogp.comとesport.motogp.comで視聴できる。