「すくすく子育て」“新型コロナ”に関する不安への質問に回答

©株式会社東京ニュース通信社

古坂大魔王と鈴木あきえがMCを務める、NHK Eテレで放送中の育児情報番組「すくすく子育て」(土曜午後9:00)。「新型コロナウイルスの影響で、外出もままならず、不安・イライラが募る⋯⋯」「子どもが感染しないためにはどう対策をすればいいの?」など、子育て中の視聴者からさまざまな不安の声がNHKに寄せられる中、こうした声や質問に、番組とホームページ(https://www.nhk.or.jp/sukusuku/index.html)でさまざまな分野の専門家が回答。視聴者からのアイデアも募集し、子育てのヒントを届けている。

5月9日の放送分では、新型コロナウイルスの影響で、乳幼児を育てる親たちから「どのように予防すればいいの?」「嫌がる子どもにどうやって手洗いさせればいい?」という不安の声が寄せられる中、「乳幼児の感染症対策の下本」について取り上げ、幼い子どもがいる家庭の不安や疑問に、専門家である国立国際医療研究センター臨床疫学室長・松永展明氏らが答えていく。番組は、NHKの動画配信サービス「NHKプラス」(https://plus.nhk.jp/watch/ch/e1)でも配信予定。

また、新型コロナウイルスの影響で子育てにおいて生じる不安や疑問に対して、番組ホームページ「すくすく子育て情報」内の「#専門家からのアドバイス・メッセージ」(https://www.nhk.or.jp/sukusuku/tag/9900.html)では、さまざまな分野の専門家からのアドバイスやメッセージを掲載。「小さい子どもの予防はどうしたらいい?」「公園の遊具は消毒した方がいい?」などの質問への回答や、子どもの発達への影響、子どものためになる過ごし方、テレビや動画との付き合い方のヒントなど、お役立ち情報が満載だ。

さらに、ホームページでは「ちょっとした遊び」「生活のシーンが楽しくなる工夫」「いつもの散歩にひと工夫」など、家庭や近所の公園・散歩などで、どのようにお子さんと楽しんでいるのか「おうち・ご近所での過ごしかた」のアイデアを募集中(https://www.nhk.or.jp/sukusuku/form_dg/ouchi.html)。集まったアイデアは番組やホームページで紹介される予定。