MotoGPバーチャルレース:接戦の第3戦はヤマハのビニャーレスが優勝

©株式会社サンズ

 MotoGPバーチャルレースの第3ラウンドが5月3日に開催された。新型コロナウイルスの影響がなければ、今週末はスペインGPの開催ウイーク。第3ラウンドはMotoGPオフィシャルゲームソフト『MotoGP20』のヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトを舞台とし、これまでのMotoGPライダーに加えて、Moto2、Moto3ライダーも加わり、3クラスのレースが争われた。

 MotoGPクラスではマーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)がバーチャルレース初優勝を達成。4番グリッドからスタートしたビニャーレスはスタート直後の1コーナーで接触転倒により後退したが、その後追い上げ、10周目にトップに浮上すると、そのまま優勝した。

2020MotoGPバーチャルレース第3戦スペインGP グリッドの様子

「正直、この優勝は期待していなかった。勝つことはいつもよい! 楽しかった。ゲームに参加したメンバーたちもインターネットユーザーたちも楽しんだことを願う。『Two Wheels for Life(ツー・ホイールス・フォー・ライフ)』のために、多くの募金が集まることを願っている」とビニャーレス。

 Moto2クラスではロレンソ・バルダッサーリ(Flexbox HP 40)が、Moto3クラスではガブリエル・ロドリゴ(Kömmerling Gresini Moto3)が優勝。

 このレースはmotogp.comesport.motogp.com、MotoGPとMotoGP EスポーツのYouTubeチャンネルTwitterInstagramFacebookといったSNSで配信された。

 配信終了後にもオンデマンドによるフルレースとハイライトをmotogp.comとesport.motogp.comで視聴することができる。