米衣料品のJクルー、破産法申請

コロナ影響、大手小売りで初めて

©一般社団法人共同通信社

2日、ニューヨークのロックフェラー・センターにあるJクルーの店舗(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米衣料品大手Jクルー・グループは4日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を米裁判所に申請したと発表した。米メディアによると、新型コロナウイルスに伴う経済活動の停滞が引き金となり、全米規模の小売業者が経営破綻するのは初めて。

 Jクルーはコロナ前から、米アマゾン・コムなどインターネット通販の台頭で競争が激しくなり、経営が悪化していた。4億ドル(約430億円)の資金を調達し、業務を続けながら経営再建を目指すとしている。

 Jクルーは、オバマ前大統領のミシェル夫人の愛用ブランドとして知られる。