長与・道の尾温泉車で温泉水を宅配 6日まで

©株式会社長崎新聞社

家庭の浴槽に注がれる道の尾温泉の温泉水=長与町

 長崎県西彼長与町高田郷の「道の尾温泉」は、新型コロナウイルス感染拡大防止の臨時休業期間中、温泉水を家庭に届けるサービスをしている。6日まで。休業中も「入りたい」など問い合わせがあり、長与、時津両町、長崎市北部で宅配することにした。
 温泉水は炭酸水素イオンなどを含んだ弱アルカリ性。無色透明で常温は26度。送迎用として使っている車に約250リットルを載せ、車内のタンクからポンプとホースで浴槽に注ぐ。そのため利用には▽浴室にホースを入れる窓がある▽車から浴槽まで10メートル以内▽風呂に追いだき機能がある-などの条件がある。
 同温泉は創業約150年の老舗。大久保悠社長(41)は「日ごろから『お湯が好き』『芯から温まる』と来てくださる人も多い。臨時休業中に自宅で温泉に入りたいという要望があれば届けたい」と話している。
 配達は1日4カ所までで料金は1回3千円。状況により休業が延長する可能性もある。申し込みは同温泉ホームページの専用サイトから。