エギングにおける“ジャークの基本”『ワンピッチショートジャーク』をエギングマイスター・川上英佑が永久保存版解説!! part①

©株式会社 内外出版社

フォールと並び、現代エギングの根幹となるテクニックと言えるのがシャクリ。つまり、ジャークテクニックです。伝統的な漁具を昇華した、イカ専用のルアーであるエギは、ウォブルやロールなどのアクションを発生しないという、ある意味で単一的な性能を持ちます。エギをどう動かし、結果としてイカを誘えるかどうかは全てアングラー次第。アオリイカゲームを展開する上で最も重要な、この誘いの極意をエキスパートアングラーにレクチャーしていただきます。今回は世界に誇る大人気エギメーカー「YAMASHITA(ヤマシタ)」のエギングマイスターとして、エギングの楽しさを国内のみならず全世界に広める大人気エギンガーにシャクリの極意を教えていただきます。

[ アルバム : 【“ワンピッチショートジャーク”の極意!part1 画像まとめ】 はこちら ]

世界中のイカと渡り合うアカデミックエギンガー

【Profile】
川上英佑(かわかみ・えいすけ)
ヤマリアフィッシングマイスターを務めるエギングエキスパート。エギの動作メカニズムを理解した上で繰り出すジャークは、エギのアクションを適格に引き出し学ぶべきところが多い。あらゆるエギングジャークのスタンダードを体現することができるエキスパートアングラー!

「ワンピッチショートジャーク」は糸フケが少なく、エギをしっかり動かせ誰もが使う“スタンダードなジャーク”

あらゆる局面で活躍出来、メリットの多い優秀テク

エギを動かすときのスタンダードなジャークテクニックとは何でしょう?

川上「僕が多用するのは1シャクリ1巻きの、いわゆるワンピッチショートジャーク。しかも、ショートストロークで行うのをスタンダードにしています。巻きながら行うことで糸フケを少なく出来て風の影響を受けにくい。シャクリ上げてからその状態でロッドを保持するだけで、そのままフォールに以降出来ます。こんな感じでメリットが数多く、非常に使う機会が多いジャークですね」

具体的なシャクリ方はどんな感じに…?

川上ロッドを1回シャクリ上げるのに合わせて1回リールのハンドルを巻く。ハンドルを巻く量は糸フケの出方などで調整が必要ですが、半回転ぐらいが多いと思います」

他にはどんな利点が?

川上「そうですね、ワンピッチショートジャークは再現性が高いので、同じ動作を繰り返してエギにアクションを与えやすい力の込め方とか竿の振り幅で強弱もつけやすいですし、応用が利きやすいです。例えば、縦方向にだけ上げたいときはロッドを戻さず、そのまま引っ張り上げながら巻きジャクればいい。逆に、シャクったロッドを素早く戻せば、慣性で横に飛ぶ動きを出すことも出来ますからね」

適したエギなどは?

川上「これと言ったものはありません。ヤマシタのエギに限らず、どんなエギにも対応出来ますよ

ワンピッチショートジャークのポイント

其の1:糸フケを少なくできるので風の影響が少ない

其の2:あらゆるエギをしっかり動かせる

其の3:フォールへの移行が自然

其の4:繰り返し行える再現性の高さ

其の5:横方向のダートや縦方向への跳ね上げへも応用可能

ワンピッチショートジャークの水中アクション

直線的に見えるが、実は弧を描くアクションの連続

川上「ワンピッチショートジャークの基本的なエギの動きとしては、ジャーク後にロッドを戻さなければ、直線的に上方向へ動き、ロッドを戻せば慣性で横に飛ぶ動きが出ます。横に飛ばしたとき、上から見ると綺麗に左右に飛んでいるみたいですが、実際には弧を描いて落ちるを繰り返す、ウサギ跳びみたいな動きになっているんです」

川上さんの使用エギ「エギ王ライブ(ヤマシタ)」

どんなタイプのエギでも実践は可能!

川上「ヤマシタのエギラインナップの中で、もっともスタンダードなエギ。同形状ですが、実は比べるとエギ王サーチは微妙にフォールが早いんですよ」

まずはこのエギでジャークテクニックを学ぶと分かりやすいでしょう!!

エギ王 LIVE - ヤマシタ製品情報詳細

エギ王ライブの特徴

其の1:高アクションレスポンス

其の2:アクションの緩急がつけやすい

其の3:カラーバリエーションが豊富

動作の基本は下記動画をチェックすべし!

次回はワンピッチショートジャークを実践する際のコツやフォームなどを徹底解説! 乞うご期待!!