何を信じればよいのか! 役所が困窮者に『貧困ビジネス』施設を紹介! コロナ禍において決して他人ごとではない!|裁判傍聴

©TABLO

この写真はイメージです

「新宿に行こう」

吉鶴龍太郎(仮名、裁判当時58歳)はそう思い立ち歩きだしました。目指す場所は新宿西口公園。そこには手配師のような人間がいて仕事の斡旋をしてもらえるという噂を聞きつけたのです。

あくまでそれは人に聞いた噂でしかありません。実際にはどうなっているのかはわかりませんでした。それでも彼は、それまで暮らしていた施設を飛びだしました。

彼がいた施設の場所は春日部。春日部から新宿まで、電車なら約1時間半で着く距離ですが電車賃の持ち合わせはありませんでした。歩いていくしかありません。最短コースで歩いておよそ7時間半の道のりです。

季節は真夏、8月11日でした。

お金を全く持っていなかった彼は途中で水を買うこともできません。それでももう二度と施設に戻るつもりはありませんでした。

歩いている途中、彼は学習塾の前で施錠されていない自転車を発見しました。

「新宿にさえ着けばなんとかなる…」

彼は自転車にまたがりました。他の選択肢などもう彼には思いつかなかったのです。

彼は上野で

「新宿まで行きたいから道を教えてください」

と警察官に道を尋ねました。子ども用の自転車に乗った彼を見て警察官は不審に思い、職務質問をはじめました。そして、自転車が盗んだ物であることが判明し彼は窃盗の現行犯で逮捕されました。

「春日部の施設はお寺が運営していました。80人くらい入所者がいて、この中でイジメが頻繁にありました。保護費の受給日には入所者がみんなバスに乗せられて役所に行かされます。そして貰ったお金はすぐに全額施設の人間に回収されます。自立支援施設、と言ってましたが職業訓練などはありませんでした。施設の手伝いをすれば1日5000円貰えると聞いたのでやったことはありますがお金が支払われたことはありません。アルバイトなど、外の仕事をするには施設の許可が必要なのですが、許可がおりたことはありません」

これは彼が居住していた自立支援施設の実態です。

ここは役所から紹介された施設です。勤めていた会社が倒産したことから困窮し、行政に支援を求めた結果たどり着いた場所でしたがそこは「自立支援」とは名ばかりの貧困ビジネスの施設でした。

「新宿西口を目指してましたが正直言って当てはありませんでした。あそこにいるくらいなら…最悪、路上生活でもいいと思いました」

子どもの自転車を盗む、という犯行態様には怒りを覚えます。しかし、彼は当時そうでもしなければ生きていけなかったのです。施設に居れば文字通り生きていくことはできたかもしれません。ただ、彼が望んでいたのは人間として生きることだったのだと思います。それが窃盗罪を犯していい理由にはならないにしても、彼が人間らしく生きたいと願ったこと自体は誰も責めることはできないはずです。

話は変わりますが先日、百田尚樹氏がツイッターで「炎上覚悟で言う。今回のコロナウイルスで収入が減った国民のために、国民全員にお金を給付する話が出ている。それは賛成だが、生活保護の人に給付金を出すのは反対! 彼らは今回の騒動で1円も収入が減ってないのだから」と発信していました。論ずるに値しない暴論ですが、このツイートには10万以上の「いいね」が付けられていました。

社会でなにか大きな問題が起きるたびにこのような生活保護受給者を貶めるような発信をする者がいます。

生活保護受給者とひとくくりに言ってもそこにはそれぞれ固有の事情があり人生があります。今回挙げた被告人はそのうちの一例にすぎませんし彼の話を一般化することはできないにしても、大変な思いをして暮らしている生活保護受給者はたくさんいるのです。

新型コロナウイルスによって社会は大変な危機を迎えています。こんな時に弱い立場に置かれている人を貶め差別をする人間の気がしれません。今すべきことは、困難に陥っている人の立場に立って物を考え彼らを支え助けることです。(取材・文◎鈴木孔明)