「力石徹」から施設に贈り物

あしたのジョーのライバル

©一般社団法人共同通信社

名古屋市の障害者施設「ふれ愛名古屋」に届いたマスクやおもちゃなど=5日午前(同施設提供)

 名古屋市港区の障害者施設「ふれ愛名古屋」にこどもの日の5日、ボクシング漫画の名作「あしたのジョー」の主人公「矢吹丈」のライバル「力石徹」を名乗る人物からマスクなどの贈り物が届いた。施設によると、手紙も添えられ「俺のアッパーでコロナをダウンさせてやる!」と新型コロナウイルス退治も宣言した。

 5日午前7時20分ごろ、職員が出勤し、玄関前に置かれた段ボール箱を発見。150枚のマスクや消毒液のほか、塗り絵、ジグソーパズル、おもちゃが入っていた。

 ふれ愛名古屋には4月20日、「仮面ライダー」を名乗る人物から絵本などが届いた。