北海道の天気 5/5(火) きょうは「立夏」!でも、夏とは思えない体感…

©北海道文化放送株式会社

(佐藤俊和気象予報士が解説) 正午現在

きょうは二十四節気の『立夏』、暦の上ではきょうからもう夏となります。

きょうは昼の時間が最も長い夏至と春分のちょうど中間に位置しているんですね。

季節は着実に前へ進んでいます。

ただ、きょうは冷たい空気が流れ込んでいて、とても夏とは思えない体感になっています。

◆予想最高気温

札幌はきのうより11℃、旭川も8℃低くなる予想です。

特にオホーツク海側は極端で、網走はこの時間、5℃前後しかありません。

日中もひとケタ止まりで寒い1日となりそうです。

◆午後の天気

まだ雲の広がっているところでも、このあと晴れてくるでしょう。

強い北風も次第に弱まる見込みです。

なお、晴れた日の翌朝は気温が下がるため霜の降りる所がありそうです。

農作物の管理にご注意ください。

◆週間予報

・日本海側とオホーツク海側

あすの札幌は昼ごろからポツポツと降り始め、夕方以降は雨の降る時間が長くなるでしょう。

木曜日から天気が回復して気温も上がり、金曜日は快適な陽気となりそうです。

・太平洋側

函館はあすの朝は晴れていても午後は雨が降る見込みです。

その後、天気は周期的に変化し、日曜日は低気圧の影響でまとまった雨となりそうです。