《連載:プロ伝授の自宅トレ》(7) 肩インナーマッスルトレーニング

©株式会社茨城新聞社

水の入ったペットボトルを使って肩を軸に腕を上下に動かす茨城アストロプラネッツの上杉泰賀

7回目は、水の入ったペットボトルを使用し、肩周囲の筋力を鍛える「肩インナーマッスルトレーニング」。

BCリーグ茨城アストロプラネッツの大屋裕介トレーナーは「立ち膝でバランスを保ちつつ、目的の筋肉がしっかりと刺激されるようにゆっくり動作する」とポイントを説明する。

手順はまず、水の入った500ミリリットルペットボトルを用意。立ち膝の姿勢になり、動作を行う側の手でペットボトルを持つ。体の前や横で肘を90度に曲げ、肩を軸として円を描くように上下に腕を動かす。

効果は肩や肘関節の安定性の向上と障害予防。投球動作では体幹が安定しないと肩や、肘関節への負担が増大する。立ち膝で行うことで、体幹筋力を使い肩周囲の筋肉も鍛えられる。回数の目安は30回。(おわり)