「野球は国を立ち直らせてきた」

大リーグ開幕を訴える

©一般社団法人共同通信社

スコット・ボラス氏(ゲッティ=共同)

 【ロサンゼルス共同】米大リーグの大物代理人スコット・ボラス氏が5日のニューヨーク・タイムズ紙に寄稿し、新型コロナウイルスの影響で開幕が延期されている大リーグを実施する必要性を訴えた。真珠湾攻撃や米中枢同時テロ後にメジャーが果たした心理的な役割に触れ「野球は何度もわが国を立ち直らせてきた」と主張した。

 外出制限のおかげで被害が抑えられてきたと認める一方で、今後の課題は「保健の専門家の懸念と、公衆衛生の措置の望ましくない結果をどう調和させるかだ」と指摘。市民のストレス発散のためにも「再び野球が役割を果たす時」とし、早急にキャンプを再開することを求めた。