『バナナマン』設楽、『おぎやはぎ』矢作…意外な“前職”芸能人たち

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)まいじつ

現在、テレビ業界全体から引っ張りだこの〝お笑い第7世代〟。中でも、渋谷系ネオチャラ芸人『EXIT』は、2018年に深夜バラエティー番組『ゴットタン』(テレビ東京系)をきっかけにブレークし、今やテレビやインターネット等媒体を問わず快進撃を展開している。

そんな『EXIT』の最大のウリといえば、〝実は見掛けによらずマジメ〟というギャップ。ブレーク前に、ボケの兼近大樹にベビーシッター、ツッコミのりんたろー。は老人ホームで介護ヘルパーとしてアルバイトをしていたことからも、そのマジメさが腑に落ちよう。

そんな『EXIT』のように「前職が意外な芸能人」を紹介しよう。

まずは、『バナナマン』設楽統。今でこそフジテレビの朝の顔として、実力派お笑いコンビとしてバツグンの安定感を誇る設楽だが、前職は「西武鉄道」で駅員をしていた。西武池袋線の小手指駅で駅員として半年ほど勤務した後、お笑いの道を志して一念発起し退社。その後、数々のアルバイトを転々としている中、相方・日村勇紀と出会い、タレント・渡辺正行の付き人として芸能界入りを果たしている。

意外な2人が同期だった!!

そんな設楽と若かりしころに共同でお笑いライブを開催していた『おぎやはぎ』矢作兼も、前職はお笑いとは全く無関係なもの。高校卒業後、ビルのメンテナンス用品を取り扱う貿易会社に就職し、上海勤務など約2年間のサラリーマン生活を送っていた。

「このころ、『バナナマン』『ラーメンズ』と6人でやるコントでは、矢作は大体〝口がウマい〟〝小賢しい〟役どころを担当していました。貿易会社での営業経験から、当時プライベートでも本当に口が達者だったのかもしれませんね」(エンタメ誌ライター)

結果、『バナナマン』も『おぎやはぎ』も今やテレビでなくてはならない存在に。『ラーメンズ』もそれぞれ表現者、役者として個性を発揮し、多くのファンを魅了している。

こういった仲間からの刺激は特別なもの。俳優・佐々木蔵之介と、『ますだおかだ』増田英彦は、何とサラリーマン時代の同期。大阪の広告代理店に就職したものの、増田はわずか9カ月でお笑いの夢を追って退社。その後、佐々木も俳優業に挑むべきか悩み、増田に電話で相談したところ「やってみたらいい」と背中を押してもらったという。結果として2年半ほどで退社し、俳優の道に足を踏み入れた。佐々木のきっかけが増田… 何とも意外ではあるが、実に感動的なエピソードとなっている。

よく「無駄な経験はない」というが、まさにこういったサラリーマンの経験は貴重なもの。その一般的な感覚を持ち続け、今後も大いに活躍していってほしいものだ。