やったぜディバラ、「4度目の正直」で新型コロナ陰性に!

©株式会社コリー

3月に新型コロナウイルス感染が発覚したことで隔離されていたアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ。

ユヴェントスではダニエレ・ルガーニ、ブレーズ・マテュイディに続いて3人目の感染となり、サッカー界に驚きを与えていた。

陽性となった他の選手が回復する中、ディバラは3度の検査を受けながらもウイルスの反応が消えず、1ヶ月以上に渡っての隔離を余儀なくされていた。

しかし今回ディバラは自身のInstagramで「僕はついにCOVID-19から回復した!」と投稿。陰性の反応が出たことを明らかにした。

動画を見たい場合はここをタップ!

この投稿をInstagramで見る

Paulo Dybala(@paulodybala)がシェアした投稿 - 2020年 5月月5日午前10時08分PDT

青い太陽の下で手を広げて天を仰ぐディバラ。45日間の療養生活からついに開放された喜びにあふれているぞ。

【関連記事】ディバラ、ルカクとの大型トレードを断った「電話」が男前すぎる

まだ詳しいスケジュールは未定ではあるが、イタリア・セリエAはそろそろ再開に向けての練習が行なわれ始める予定。ディバラもピッチに戻ってくることができそうだ。