『東大王』IQ165の天才に“カンニング”疑惑!?「後出しし過ぎでしょ」

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)Creative Family / Shutterstock 

5月6日に放送された『東大王』(TBS系)で、レギュラー出演している東大生が「ズルをしているのではないか」と疑念を抱く視聴者が続出した。

この日は生放送。東大生のレギュラーメンバー4人に加え、東大OBの伊沢拓司が加わり、5人すべてがリモートで回線をつなぎ赤、青、緑の札を上げて回答する3択クイズを展開。クイズの合間にヒロミ、山里亮太らが加わり、MCとして場をつないだ。

ヒロミが〝ジャスコ〟こと林輝幸に「ジャスコが出すのが遅い」「みんなのを見てるんじゃないか? カンニング疑惑ありますけど、大丈夫ですか?」とイジリを入れると、林は「回線のせいです、これは」と釈明。すかさずヒロミは「何でも回線にすればいいってもんじゃないですよ! 大丈夫ですね?」と追撃し、山里も「ジャスコの近くを通ってるWi-Fiさん、頑張ってください」と冗談を放って場を和ませた。

リモート出演で回答「後出し?」

「カンニングでは?」と疑われた林を大半の視聴者は擁護していた。

《ジャスコのカンニング疑惑はリモートだから若干仕方ない》
《回線の悪さでカンニング疑われるジャスコかわいそ過ぎるwww》
《カンニング疑惑あったり、回線切れたりして、大変だったね》
《司会者どもにカンニング疑われて本当にかわいそう》

一方、「IQ165の天才」との異名を持つ鶴崎修功に疑いの目を向ける視聴者も。番組中は5人全員が常にワイプで映っていたが、全員が回答する様子を見てから札を「後出し」しているのではと指摘されてしまった。

《鶴崎カンニングしてねぇ?》
《鶴崎、後出ししまくってたやろ??カンニングして優勝ってどうなんや??これはズルサキや》
《鶴崎くん後出し多過ぎ カンニングやん》
《東大王のLIVEの一番左にいた眼鏡のやつ完全にカンニングしてたw 遅れて札上げて、答えの理由は?って聞かれたら勘ですって言ってた》

新型コロナウイルスが落ちついたら、スタジオで〝疑惑〟を払拭してほしいものだ。

【画像】

Creative Family / Shutterstock