情熱世代 夢追い人

©株式会社VOTE FOR

目の前の課題に真摯に向き合う
山沢京平(やまさわきょうへい)さん(熊谷市出身)
明治大学ラグビー部全国大学選手権大会
・第55回優勝
・第56回準優勝

◆全国大会3回連続出場それでもまだ努力は足りていない
二人の兄から影響を受け、私がラグビーを本格的に始めた深谷高校では、1年時から熊谷や花園の全国大会に出場していましたが、当時は試合に出ることに前向きではなかったんです。自分よりうまい人は周りにたくさんいて、なかなか思うような貢献ができず悔しいと思っていましたから。ですが、この頃に「自分はまだまだ駄目なんだ」と思えたことが今につながっています。

◆「なぜそのプレーをしたのか」常にその問いに答えられるプレーを
高校1年目で感じた悔しさをバネに、キックの反復練習や体作りに邁進(まいしん)しました。夜10時頃までやっていた日もありましたね。次第に試合でも体が動くようになってきて、U17、U18日本代表選手にも選ばれました。
大学に入って、まず感じたのはレベルの高さです。高校では体の動くままに“本能的に”プレーしていたのですが、大学ではプレー中の一挙手一投足に意味があるように心掛けています。
今のチームメンバーのバランスや、監督の打診もあり、フルバックからスタンドオフに転向しました。このポジションの出す指示が勝敗に直結します。また、一からのスタートなので、これは一大決心でした。しかし、目の前にあるものや、与えられたことにしっかり向き合って取り組んでいこうと思っています。自分の持ち味である走りとキックを生かしながらトライを演出していきたいです。

◆チームの3冠達成に貢献したい
今年1月の大学選手権大会では準優勝でした。自分の長所も短所も、改めて課題が見つかりました。今年行われる大きな大会は3つ。3冠を達成し、それに貢献することが私の目標です。学生は思いの強さも相当なもので、点差がひっくり返ったり、大番狂わせもあり、観戦も楽しいですよ。ぜひ足を運んでほしいです。応援よろしくお願いします。