7月開幕を目指すF1、関係者全員に2日ごとに新型コロナウイルスの検査を実施予定

©株式会社サンズ

 F1のスポーツ担当マネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、レースの週末には専用の施設を設置し、2日ごとにパドックメンバーに対して新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査をするつもりだという。

 現在のところ、F1は7月初めにオーストリアGPで開幕する計画を立てている。レースはダブルヘッダーで、さらに無観客イベントとして行われる予定だ。オーストリア政府からF1開催のゴーサインはまだ出ていないが、F1は今もパドックや施設内における感染のリスクを最小限にするための安全対策を講じている。

 一方でブラウンは、すべて無観客で行われる夏のレースにおいて実施される見通しの検査方式について概要を述べた。

「我々はFIAと連携しており、FIAは我々が必要としている素晴らしい態勢を整えてくれている」とブラウンは『Sky F1』のポッドキャストで説明した。

「全員が検査を受け、入場する前に許可を得ることになる。さらにパドックにいる間は2日ごとに検査を受ける」

「認可された機関が一貫して検査を行うことになり、ヨーロッパでのレースでは、検査を実施するのに同じ施設を使用する。我々はそこにいるすべての人々が確実に検査を受けられるように、定期的に検査を行う」

 F1がチームスタッフを検査するには、迅速な診断テストに頼ることが考えられるが、そのようなテストは10〜30分以内に検査結果を得ることができる。

 またブラウンは、チームとスタッフ間の物理的接触を制限する対策についても強調した。

「我々はパドック内での人々の動きに対して制限を設けるだろう」

「スタッフがソーシャルディスタンスを保つことはできないので、内部で効果的に距離をつくり隔離させる環境を作らなくてはいけない」

「チームはそれぞれのグループ内にとどまることになる。彼らは他のチームと交流せず、個々のホテルに滞在することになる。モーターホームは置かないようにする」

「我々とFIAの間で膨大な量の作業が行われており、私は我々が安全な環境を提供するうえで見聞きしたことに非常に感銘を受けているし、それができることを嬉しく思う」