ドルナスポーツ、スペイン政府にヘレスでのMotoGPとSBKの開催を提案。MotoGPは2週連続開催へ

©株式会社サンズ

 MotoGPを統括するドルナスポーツは5月7日、スペインのアンダルシア州政府およびヘレス市政府との間で、スペイン政府に対して『ロードレース世界選手権MotoGP』と『スーパーバイク世界選手権(SBK)』の開催に関して提案することで合意した。

 アンダルシア州副知事のホアン・アントニオ・マリン、ヘレス市長のマネン・サンチェス・ディアス、ドルナスポーツ最高経営責任者のカルメロ・エスペレータは、MotoGPを7月19日と26日、SBKを8月2日にヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで開催することをスペイン政府に提案することで合意した。

 スペイン政府から認可を得られれば、国際モーターサイクリズム連盟(FIM)に3大会の開催を開催日程に含めることを提案する。

 FIMが承認すれば、7月19日のスペインGPがMotoGPクラスのシーズン開幕となり、2週連続開催の2戦目となる7月26日はアンダルシアGPとして開催。8月2日はSBKの第2戦として開催される。

 また、SBKは7月31~8月2日にモートルシュポルト・アリーナ・オッシャースレーベンで開催される予定だったドイツラウンドの中止が決まった。