ザ・ウィークエンド、“全米アーティスト100”で20回目の1位獲得

米人気アニメで新曲を披露 

©ユニバーサル ミュージック合同会社

ザ・ウィークエンドが、5月9日付けの米ビルボード「アーティスト・100・チャート 」において、通算20回目の1位を獲得した。

同チャートは2014年に誕生し、全米アルバム / シングル / ソーシャルなどの主要チャートを基に算出したもの。今までに、ザ・ウィークエンドの記録よりも多く1位に輝いたのは、テイラー・スウィフトの37回とドレイクの31回のみ。

また、ザ・ウィークエンドは5月4日放送の米人気アニメ・シリーズ『アメリカン・ダッド』にゲスト出演を果たし、共同脚本を手掛けたエピソード「A Starboy Is Born」の中で、新曲「I’m A Virgin」を初披露した。同楽曲は、米TBSの公式チャンネルにて公開されている。

なお、アルバム『アフター・アワーズ』の国内盤CDは5月22日に発売だ。

■商品情報

ザ・ウィークエンド 『アフター・アワーズ』 デラックス・エディション 

試聴&購入などはこちら

ザ・ウィークエンド 『アフター・アワーズ』 (オリジナル) 

3月20日発売

※日本盤CDは5月22日(水)発売

試聴&購入などこちら

The Weeknd - Blinding Lights (Official Video)