独サッカー、無観客で16日再開

主要プロスポーツリーグで初

©一般社団法人共同通信社

ドイツ1部リーグ、ドルトムント戦で競り合うブレーメンの大迫=2020年2月、ブレーメン

 【ベルリン共同】サッカーのドイツ・リーグは7日、新型コロナウイルス感染拡大で中断していた同国1、2部リーグを16日から無観客試合で再開すると発表した。6日に政府と各州が無観客などを条件に5月中の開催を認めていた。10週間ぶりの試合再開で、世界の主要プロスポーツリーグでは初となる。

 詳細な無観客試合の運用計画を定めたリーグのザイフェルト社長は、経営的観点から再開の必要性を改めて強調。6日の政府などによる認可後には「誰にとっても無観客試合は理想的な解決策ではない。だが、一部のクラブが存続危機に立たされる中ではリーグを持続させる唯一の方法だ」と述べた。