コロナ治療薬、国が初承認

米製薬会社のレムデシビル

©一般社団法人共同通信社

レムデシビルの製造の様子(ギリアド・サイエンシズ提供)

 厚生労働省は7日、新型コロナウイルス感染症の国内初の治療薬として、米製薬会社が開発した「レムデシビル」を特例承認した。米国で1日に緊急使用が許可されたため、海外での承認などを条件に国内審査の手続きを簡略化できる特例制度を適用。申請の3日後という異例のスピード承認となった。

 レムデシビルは副作用が指摘されているほか、治療効果の評価は定まっておらず、投与には細心の注意が必要となる。対象は原則、人工呼吸器を付けるなどした重症患者となる。製薬会社から世界全体で14万人分が無償提供される見通しだが国内供給量は限られるとみられる。医療機関で投与が始まる時期は未定。