【ミャンマー】全世帯の電気料金を一部無料化、15日まで[公益]

©株式会社NNA

ミャンマー電力・エネルギー省は、5月の家庭用電気料金について、75ユニット(キロワット時)を下回る分を15日まで一律で無料化すると発表した。宗教団体やミャンマー人の市民団体も対象に含む。

6日に公式フェイスブックで発表した。新型コロナウイルスの感染拡大による、家計への打撃を緩和するのが目的。

国営メディアによると、最大都市ヤンゴンでは、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で約120工場が廃業や一時的な事業停止に踏み切り、多くの失業者が発生している。

政府は4月末まで、ひと月の利用が150ユニットを下回る全国の世帯、市民団体、宗教団体の電気料金を無料化していた。