バンドマン発信のライブハウス支援プロジェクト『"THE HOME"~save the LIVEHOUSE project~』が始動

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

『"THE HOME"~save the LIVEHOUSE project~』

大阪のインディシーンを牽引するバンド、LONEのギタリスト・竹家 千十郎が、コロナウイルス感染防止に伴い、営業自粛を続ける関西のライブハウスを支援するプロジェクト『"THE HOME"~save the LIVEHOUSE project~』を立ち上げた。

今回のコロナウイルスによる影響によって、その根幹となるミュージシャンが活動する場である全国のライブハウスが存続の危機に立たされている現状を危惧し、数々のバンドマンを育ててきたライブハウスへの感謝と敬意を行動で示すべく何ができるかを考えた結果、"THE HOME"というプロジェクトタイトルのもとチャリティTシャツを制作し、その売上をライブハウス存続に充てることでの支援を目的に、まずはLONEの活動拠点でもある関西圏のライブハウスからプロジェクトをスタート。

第一弾の企画には、LONE、HAPPY、LiaroidCinema、LOCAL CONNECT、the cibo、ガナリヤ、サイレントニクス、ココロオークション、ジラフポット、フレデリック、ラックライフ、ナードマグネット、ソウルフード、感覚ピエロ、河内REDS、朝日廉(コンテンポラリーな生活, ネクライトーキー)、森良太(Brian the Sun)(※順不同)という、メジャー・インディを問わず関西に所縁のあるバンド・ミュージシャンがボランティアとして参加。この企画のためのオリジナルTシャツデザインを提供している。

支援の方法は、本プロジェクトに参加するミュージシャンがデザインしたTシャツをプロジェクト公式サイトにて オンライン販売。同じく本企画に参加するライブハウスには、当プロジェクトの情報拡散を協力を仰ぎ、その広告掲載費として各ライブハウスに還元する仕組みとなっている。

全国のライブハウスの灯を絶やさないために、ミュージシャン同士が協力して行うこのプロジェクトは、 関西から全国へ広げるべく第2弾以降も計画中とのこと。このプロジェクトとともに、企画に参加するミュージシャンの今後の活動にもぜひ注目してほしい。

『"THE HOME"~save the LIVEHOUSE project~』 オフィシャルHP