町長室から「郷里に響け」

©株式会社VOTE FOR

■『コロナに負けずに復旧・復興を』
終わりを知らない新型コロナウィルス感染症。県内でも現在のところ(4月20日時点)84名の方が感染している。いつこの町に感染者が出てもおかしくない状況である。
全国に緊急事態宣言が発令され、学校は休校となり、密閉・密接・密集が心配される集会は極力中止、そして様々な業種に休業が要請されている。不要不急の外出は自粛し、人との交流は避けなければならない状況である。
これほど医学が発達している時代に、目に見えないウィルスに世界の人々が翻弄されている。我が町は昨年の台風第19号からの復旧・復興を目指しているため、特に歯がゆい。この先、いつ終息するのか、そして経済、観光など人の動きはどうなるのか、心が痛むばかりである。
しかしながら、被災者の方々を思えば、復旧・復興は一日も休むわけにはいかない。職員が一丸となり、見えない敵と戦い、健康に注意しながら作業を進めなくてはならない。また、この町に戻ってきたい、留まりたいと願っている、多くの町民の皆様にもしっかり応えていかなければならない。今も国や県をはじめ、全国から様々な分野でご支援をいただいているが、その方々に対しても、一日でも早く町民の皆様が元の生活に戻ること、そして災害に強い町をつくることが最大の恩返しになるものと思っている。
町民の皆様にあっても、新型コロナウィルスへ感染症には十分に気をつけながら、共に復旧・復興に歩みを進めましょう。

丸森町長 保科郷雄