森山直太朗、光が見えたら「みんなと音楽を通して笑い合いたい」 弾き語り披露【音源あり】

©株式会社J-WAVE

多くのイベントが中止となっている今、大好きな音楽を、アーティストを、ライブハウスを応援したい――J-WAVEはそんな想いから、「#音楽を止めるな」プロジェクトを4月1日よりスタートした。5月6日(水)には、STAY HOMEで楽しめる15時間の音楽フェス『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL #音楽を止めるな ~STAY HOME FESTIVAL~』をオンエア。

J-WAVEがプロデュースするエンターテインメントレストラン「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」からの無観客ライブや、アーティストたちの在宅ライブ音源、秘蔵ライブ音源やDJ MIXまで、たっぷりお届けした。

ここでは、森山直太朗のコメントと、楽曲『太陽』と『生きとし生ける物へ』を弾き語り音源を紹介する。

■森山直太朗がギターの弾き語りライブを配信!

森山直太朗は、楽曲『太陽』をギターの弾き語りで披露したのち、楽曲に込めた思いや近況を語った。

【『太陽』をradikoで聴く】(2020年5月13日28時59分まで)

森山:『太陽』は過去に作った曲なんだけども、昔に書いた歌詞がときを経て、現状に折り重なっている部分があったりして興味深いな、という発見がありました。近況ですが、2020年の1月にInstagramをはじめたので、インスタライブをやってみたんですが、そのなかで過去の曲をいくつか弾き語りをしたんです。原点にかえっているような、そんな昨今です。あとは、小鳥を2羽飼いはじめました。小鳥たちの「チュンチュン」という鳴き声に、日々癒されています。なかなか今の状況が完全に解決するのは難しいけれども、光明が見えてきたときにみんなと音楽を通して笑い合いたいと待ち望んでいるので、日々、闊歩したいと思っています。

森山はそのあと、楽曲『生きとし生ける物へ』を演奏。MCのハリー杉山とあっこゴリラは、森山の楽曲を通じて感じた思いを打ち明けた。

【『生きとし生ける物へ』をradikoで聴く】(2020年5月13日28時59分まで)

あっこゴリラ:今って、このコロナ禍において「人間らしさって何だろう」って考える時期じゃないですか。なので『生きとし生ける物へ』の歌詞が、パンチラインの応酬で。グサグサ刺さりました。
ハリー杉山:すごく曲が沁みましたね。
あっこゴリラ:あと、家で喋りながら突然歌になっていく演出もよかったです。贅沢な時間でした。
ハリー杉山:目の前にいるかのような感覚でしたね。

『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL #音楽を止めるな ~STAY HOME FESTIVAL~』は2020年5月13日28時59分まで、radikoのタイムフリー機能で聴くことができる(PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」なら、J-WAVEが日本全国どこでも再生可能)。

【当日のタイムテーブルはこちら】

・radikoで聴ける『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL #音楽を止めるな ~STAY HOME FESTIVAL~』一覧

PART1(9:00-12:00)
PART2(12:00-15:00)
PART3(15:00-18:00)
PART4(18:00-21:00)
PART5(21:00-23:55)

【番組情報】
番組名:『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL #音楽を止めるな ~STAY HOME FESTIVAL~』
放送日時:5月6日(水・振休)9時~23時55分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/topics/2004_ongaku.htm